航空自衛隊那覇基地から2月に漏出した泡消火剤が、化学品の安全な取り扱いを確保するための文書で、健康への有害性が指摘され、漏出した場合は、周辺の立ち入りを禁止するよう明記されていることが分かった。