沖縄労働局(福味恵局長)は2日、県内の1月の有効求人倍率(季調値)は0・77倍で、前月より0・03ポイント改善したと発表した。一方で、福味局長は11カ月連続で全国最下位となり、低水準が続いているとして「まだ雇用情勢が改善しているとはいえない」と説明した。