航空自衛隊那覇基地から2月に漏出した泡消火剤は、健康への有害性が指摘されるものだった。同基地は所定の使用濃度に希釈したもので「問題ない」とするが、住民からは「本当に危険な物質が含まれていないのか」「正確な情報を迅速に伝えるべきだ」など、自衛隊側の情報の遅さや説明不足に疑問や怒りの声が上がった。