私たちは「自分が生きている世界の底知れぬ不思議さに気づいていないのではないだろうか」と問題提起する著者は、文化人類学者。「シュールでリアルなこの世界」の探究を試みた。アマゾンの河口にある島で知った「雨季と乾季」の間にある「泥季」のこと。可塑性が高い粘土の土器の「力量」。