【ニューヨーク共同】国連のブルゲナー事務総長特使(ミャンマー担当)は3日、記者会見を行い、国軍のクーデターに対する同日のミャンマー各地での抗議デモを巡り、治安部隊による弾圧で計38人が死亡したと明らかにした。2月1日のクーデター後、1日の犠牲者数として最多との認識を表明。市民への弾圧をやめさせるため、国際社会が一致して国軍への圧力を高める必要があると呼び掛けた。

 3日、銃や盾を装備し、デモ隊に向かって進む警官隊=ミャンマー中部マンダレー(AP=共同)

 3日、ミャンマー中部マンダレーで催涙ガスの中、治安部隊に追い立てられるデモ参加者ら(AP=共同)

 3日、銃や盾を装備し、デモ隊に向かって進む警官隊=ミャンマー中部マンダレー(AP=共同)  3日、ミャンマー中部マンダレーで催涙ガスの中、治安部隊に追い立てられるデモ参加者ら(AP=共同)

 ブルゲナー氏は、クーデター発生以降の死者数は累計で「50人以上」に達するとも指摘した。国連は、死者数はデモ隊などからの情報を総合したとしている。(共同通信)