沖縄県警与那原署は2日、与那原町内のバーでビールやカクテルを飲んでいた18歳の高校生16人、無職少年1人の男女計17人を集団飲酒事案として補導した。署によると高校生は同じ学校の生徒で「卒業を祝うために集まって飲んだ」と話しているという。

(資料写真)パトカー

 目撃者から「未成年らしき人たちが飲酒している」と通報があった。

 集団飲酒があったのは2日午後8時から同10時45分ごろ。店内に他に客はおらず貸し切り状態だったという。署は風営法違反、県青少年保護育成条例違反の疑いも視野に、酒類を提供した飲食店を調べている。