航空自衛隊那覇基地の高石景太郎司令は3日、2月に発生した泡消火剤の漏出事故で、注意喚起などの連絡が不十分だったと認め、謝罪した。本紙の取材に、同基地を通じ「事案発生の際は、速やかに周辺住民にお知らせできる体制を確保していく」とコメントした。 基地内で泡消火剤が漏出後、一部の泡が基地外に飛散。