沖縄タイムス+プラス ニュース

<普天間爆音訴訟>菅氏「国の主張理解得られず」 稲田防衛相「厳しい判決」

2016年11月18日 05:18

 【東京】第2次普天間爆音訴訟で那覇地裁沖縄支部が国に損害賠償の支払いを命じたことを受け、菅義偉官房長官は17日の会見で「騒音被害に対する損害賠償請求の一部が容認されたことは、国の主張について裁判所の十分な理解が得られなかった」と述べた。

 さらに「抑止力を維持すること、そして世界で一番危険と言われる、この飛行場の危険性の除去を考えたときに、唯一の解決策であることについては全く変わりはない」と改めて辺野古新基地建設の必要性を強調した。

 稲田朋美防衛相は、衆院安全保障委員会で「大変厳しい判断が示されたと受け止めている」とし、「防衛省としては、今後の対応について判決内容を慎重に検討し、関係機関と十分に調整して適切に対応したい」と語った。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS