新型コロナウイルスの感染拡大で柔軟な働き方に関心が高まる中、従業員の副業を認める企業が増えている。社外で得た経験や人脈を生かして、自社の成長や新たなサービスにつなげてもらう狙いだ。都市部の人の地方での副業が広がれば「地方成長のきっかけになる」(経団連の大橋徹二副会長)との期待もある。