沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で新たに28人が感染 米軍関係は5人【3月4日昼】

2021年3月4日 15:18

 沖縄県は4日、新たに28人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は8263人となった。

新型コロナウイルス


 在沖米軍関係は新たに5人が感染し、累計で960人となった。
 沖縄本島内の県立病院や琉球大学病院、浦添総合病院の5医療機関には3日、新型コロナ対策の「切り札」とされるワクチンが初めて到着した。医療従事者から優先して接種が始まることになっており、早ければ5日にも県立北部病院で県内最初の接種が行われる。ワクチンは県立八重山病院に4日、県立宮古病院には5日、1箱ずつ届く予定。
 県の3日発表では、10~50代の男女18人が新たに感染した。高齢者はおらず、10~30代が15人と8割を占めた。
 2日までの直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は7・40人で全国6番目に多く、全国平均5・42人を上回った。最多は千葉県の13・44人だった。
 

連載・コラム
記事を検索