沖縄県の恩納村や読谷村に店を出すダイビングショップ「ナチュラルブルー」(星原貴保代表)が3月5日の「サンゴの日」を前に、クラウドファンディングで集めた資金で、サンゴ30株を恩納村沖の海底に植え付けた。同店をこれまでに利用した台湾のダイバーらを中心に68人が寄付し、約58万円が集まった。