胃心地いいね

看板メニューはビーフオムライス 何日も煮込んだデミグラスソースと牛肉・卵の相性が抜群

2021年3月5日 08:42

[胃心地いいね](616)うるまキッチンネリネ うるま市宮里

デザートが選べる「大人のおこさまランチ」のネリネ特製手ごねハンバーグ(1380円)

「想像以上に人気が出て、今はスタッフを募集中です」と話す登川駿さん(右)と妻の真里衣さん=1日、うるま市宮里

うるまキッチンマリネ

デザートが選べる「大人のおこさまランチ」のネリネ特製手ごねハンバーグ(1380円) 「想像以上に人気が出て、今はスタッフを募集中です」と話す登川駿さん(右)と妻の真里衣さん=1日、うるま市宮里 うるまキッチンマリネ

 昔ながらの洋食喫茶店-。今年1月、うるま市宮里に開店した「うるまキッチンネリネ」は、オーナー登川駿さん(30)が「いつか自分の店を」という長年の夢を詰めこんだ店だ。手作りにこだわったハンバーグやオムライスはどこか懐かしい味わいで、早速人気メニューになっている。

 登川さんの実家は沖縄市で洋食店を営んでおり、高校生のころ、実家でアルバイトをするうち料理の世界に興味を持った。

 高校卒業後、19歳で上京。レストランやラーメン店などで経験を積み、5年ほど前に沖縄へ。しばらく実家を手伝っていたが「独立したい」という思いが強くなった。

 「ビーフオムライス」(1180円)は看板メニューの1つ。牛骨と鶏がらでだしを取り、3~4日煮込んで作る自家製のデミグラスソースに、牛ほほ肉がごろごろと入る。ほろほろの食感になるまで煮込まれた牛ほほ肉と卵やソースの相性は抜群だ。

 メイン料理4種類から選べてスープやデザートも付く「大人のおこさまランチ」も好評。中でも「ネリネ特製手ごねハンバーグ」(1380円)が人気だ。「ふわふわした食感の昔ながらのハンバーグにしたい」と、牛肉と豚肉が7対3の合いびき肉を使用。自家製ソースがうま味を引き立てる。喫茶店として朝食を利用する人も多い。サンドイッチなどのメニューと飲み物が毎日1食注文できる会員制度(月7500円)もあり、常連客に愛されている。

 「店でゆったり過ごしてほしい」と、窓側に向くソファ席など雰囲気づくりにもこだわった。各席で充電できるようコンセントを配置し、Wi-Fiも使える。「地域に愛される昔ながらの変わらない洋食屋にしたい」。思い描く理想に近づくため、試行錯誤が続く。

(中部報道部・仲村時宇ラ)

=金曜日掲載

 【お店データ】うるま市字宮里201の6。営業は午前8時~午後5時半。テークアウトも可能で、日曜・祝日定休。テーブルやカウンターなど17席。駐車場有。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索