第2次普天間爆音訴訟の判決は、2012年に配備されたオスプレイが騒音被害の増加につながっていないと判断。住民側弁護団からは「被害と向き合っていない」と批判が上がる。