4日の沖縄県議会一般質問で、名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄戦の激戦地だった南部地区から遺骨の混じった土砂が採取される可能性があることに、玉城デニー知事が、県民にとって「生をたどれる場所」などと時間を割いて語り、懸念を示す場面があった。