政府は5日夜、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づき、首都圏1都3県に発令している緊急事態宣言の再延長を決定する。西村康稔経済再生担当相は専門家らで構成する諮問委員会で、7日までの宣言の期限を21日まで2週間延長する方針を示し、諮問委は了承した。菅義偉首相は参院予算委員会で、再延長について「率直に申し訳ない」と陳謝した。政府は延長方針を衆参両院の議院運営委員会に報告し、午後8時の対策本部で正式決定する。

 専門家らで構成する諮問委員会を前に、言葉を交わす西村経済再生相(右)と新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長=5日午前、東京都千代田区

 マスク姿でJR新宿駅に向かう人ら=3日夕、東京都新宿区

 専門家らで構成する諮問委員会を前に、言葉を交わす西村経済再生相(右)と新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長=5日午前、東京都千代田区  マスク姿でJR新宿駅に向かう人ら=3日夕、東京都新宿区

 首相は午後9時から記者会見を開き、再延長の理由などに関して見解を表明する。首相会見は、10都府県の宣言延長を決めた2月2日以来。(共同通信)