【ニューヨーク共同】4日のニューヨーク原油先物相場は大幅続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の4月渡しが前日比2・55ドル(4・2%)高の1バレル=63・83ドルと、2019年4月末以来約1年10カ月ぶりの高値で取引を終えた。

 石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国による連合体「OPECプラス」が会合で、4月の原油協調減産の緩和を小幅にとどめたことが好感され、買い注文が広がった。一時、64・86ドルまで上昇した。(共同通信)