5日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落し、下げ幅は一時500円を超えた。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受けて、引き続き米長期金利の上昇が警戒され、売り注文が優勢になった。

 東京証券取引所

 午前9時15分現在は前日終値比297円72銭安の2万8632円39銭。東証株価指数(TOPIX)は15・21ポイント安の1869・53。

 パウエル議長は討論会で、米長期金利の急上昇に対する具体的な対応策に踏み込まず、前日の米国市場でダウ工業株30種平均など主要指数が下落した。東京市場もこの流れを引き継いだ。(共同通信)