沖縄県名護市辺野古の新基地建設で沖縄戦の激戦地だった沖縄本島南部から遺骨の混じった土砂が採取される可能性があることについて、沖縄防衛局の田中利則局長は5日、「防衛省の事業でも他の事業でも遺骨の混入している土砂を資材として使うことはあってはならない」との認識を示した。