政府は5日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、首都圏1都3県に発令している緊急事態宣言について、7日の期限を21日まで2週間再延長すると決定した。当初2月7日とした期限はいったん3月7日まで延長したが、一部地域で病床の逼迫が続き、変異株にも警戒が必要として再延長に踏み切った。菅義偉首相は記者会見で7日までに宣言が解除できなかったことについて「大変申し訳ない思いだ。心よりおわびする」と述べた。

 新型コロナウイルス感染症対策本部で、首都圏1都3県の緊急事態宣言の再延長を表明する菅首相=5日午後8時16分、首相官邸

 参院予算委で頭を下げる菅首相=5日午後

 新型コロナウイルス感染症対策本部で、首都圏1都3県の緊急事態宣言の再延長を表明する菅首相=5日午後8時16分、首相官邸  参院予算委で頭を下げる菅首相=5日午後

 宣言期間は初めて2カ月を超えた。首相は会合で、国民の命と暮らしを守るため、改めて対策を徹底するよう閣僚に指示した。(共同通信)