沖縄総合事務局と沖縄電力など県内7企業は5日、健康経営の推進や、長寿県復活に向けた「おきなわ健康経営プラス1プロジェクト」を発足した。各社の従来の取り組みに加え、県民の健康増進にも役立つ情報を提供するなど「プラス1」の活動を実施し、健康経営に取り組む企業を増やす。総事局によると、官民が連携して推進する取り組みは全国でも初めて。

 健康経営とは、従業員の健康維持・増進が事業の収益性向上につながる投資と考え、経営視点で戦略的に健康管理に取り組むこと。...