日銀の黒田東彦総裁は5日の衆院財務金融委員会で、大規模な金融緩和策の一環として0%程度に誘導している長期金利の変動幅について「拡大する必要があるとは考えていない」と述べ、現在の上下0・2%程度を維持する意向を示した。