内閣府は5日、3月の地域経済動向を発表し、全12地域の景況判断を前回の昨年12月調査から引き下げた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、個人消費の動きが全地域で弱くなったため。