東日本大震災から10年となるのを前に、共同通信が全国の障害者を対象に行ったアンケートで、災害時の国、自治体の支援が「不十分」「どちらかといえば不十分」と感じている人が計80%に上ることが6日、分かった。避難所で必要な配慮が受けられないことや情報不足を理由に挙げる人が目立つ。障害者や高齢者向けの福祉避難所を「利用しようと思わない」は52%に上った。

 中学校の体育館を避難所に見立て、障害がある住民らが参加して行われた訓練=2014年7月、福島県いわき市

 自力避難が難しいことも多い障害者が、災害時に孤立しやすい状況に置かれていることが改めて浮き彫りとなった形だ。

 アンケートは1~2月、日本障害フォーラム(東京)を通じて協力を呼び掛け、379人から回答を得た。(共同通信)