沖縄県名護市辺野古の新基地建設で本島南部からの土砂採取断念を求め、沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん(67)らが6日間実施したハンガーストライキが6日、終了した。ハンストが行われた那覇市の県民広場には同日も支援者が続々と足を運んだ。具志堅さんは「基地の賛否は関係なく人道上の問題。遺骨収集の責任は国にある。国は(土砂採取を)止めるべきだ」と訴えた。

ハンストを終え、笑顔を見せる具志堅隆松さん=6日午後、那覇市・県民広場

 同日、広場を訪れた玉城デニー知事とグータッチし「ありがとう」と述べた具志堅さんは「遺族の気持ちを一番に県の施策に反映させるべきだ」と強調した。

 遺骨は表土にしかないとする鉱山開発業者の見解には、糸満市で最近見つかった遺骨は地下10メートル以上の場所だったと説明。雨水でできた石灰岩の隙間に遺骨が落ちることがあるほか、表土を混ぜるとDNA鑑定しても「別の骨が混ざる」などと反論し、「この問題を専門家らも交えて協議すべきだ」と指摘した。

 戦争体験者が減少する現状を踏まえ、南部地域は「平和を次代に継承すべき場所だ」と訴えた。

 午後の集会には約200人が参加。オール沖縄会議は土砂採取を許さないとして抗議文を発表した。

(関連)「遺骨混入の土砂が使われることはない」 鉱山開発の業者に一問一答

(関連)土砂問題は「県政へのブーメラン」 突き放す政府関係者