名護市辺野古の新基地建設で本島南部からの土砂採取断念を求め、沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん(67)が続けたハンガーストライキが6日、最後の日を迎えた。ハンストが行われた那覇市の県民広場には世代を超え多くの賛同者が足を運んだ。南部にはいまだ多くの遺骨が眠る。「これは人道上の問題だ」との具志堅さんの訴えに共感が広がった。

 「戦争で亡くなった人がずっと苦しむ」。古蔵小5年の...