東北大の研究チームが、東日本大震災による宮城県の犠牲者9527人の死因を分析した結果、70代以上の高齢者は、他の死因に比べて低体温症の割合が高かったことが6日、分かった。