その記事は、ひたすらに原発を賛美していた。載ったのは支配者米軍の広報誌ではなく、沖縄タイムス。1957年元日号で「初夢」として原発の実現を掲げた。

 「農村では、灌漑(かんがい)も排水も電力ポンプでくまなくやれるし、夜は蛍光燈(けいこうとう)が村中に灯(とも)るだろう。産業は都市にかたよらないで国頭山中にも八重山にもビルがニョキニョキ並び立ち、外国なみに近代工業もボッ興する」(原文のまま)

 当時、沖縄の電化率は全世帯の半分ほどにとどまっていた。記事は「次代を担う、革命児としての原子力」に期待を託していた。

 核の平和利用(原発)は、米軍が核基地沖縄を維持するためのプロパガンダだった。支配者が望む通りの報道をどう見るか。...