[We ACT アクト 3・8国際女性デー]名渡山晶子さん(57) 県子ども生活福祉部長 大学生の一人息子が小さい時は、よく風邪をひいて保育園から呼び出しがあり、県職員だった夫と「どっちが休むかけんかになった」と子育て時を振り返る。今は笑い話にできるが当時は「非常に精神的に苦しかった」。