沖縄県の経済政策をまとめる上で、中心的な役割を担ってきた富川盛武副知事(73)が8日、任期満了で退任した。最後の公務となった県の新型コロナウイルス対策本部会議後、玉城デニー知事にあいさつした後、記者団の取材に応じ、「4年間全うできたのは県民や職員のおかげ。深く感謝したい」と述べた。