元三菱銀行(現三菱UFJ銀行)の頭取で、旧東京銀行との合併をまとめた若井恒雄(わかい・つねお)氏が2月28日午前8時、腎不全のため東京都内の病院で死去した。94歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男正雄(まさお)氏。後日、三菱UFJ銀行主催のお別れの会を開く予定。

 死去した若井恒雄氏

 東大卒業後、1948年に当時の三菱銀行に入行。常務取締役や副頭取を経て90年に頭取に就いた。頭取時代に旧東京銀行との合併に尽力し、96年4月に東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)の初代会長に就任した。2018年からは三菱UFJ銀行の名誉顧問だった。(共同通信)