【カイロ共同】シリア大統領府は8日、アサド大統領(55)が新型コロナウイルスの検査で陽性と確認されたと発表した。症状は軽く、体調に問題はないとしている。妻アスマ夫人も感染が確認された。2人は2~3週間、隔離して執務に当たるとしている。

 各国首脳の感染事例は昨年から相次いでおり、トランプ前米大統領やジョンソン英首相、フランスのマクロン大統領、ブラジルのボルソナロ大統領らが感染した。

 シリアは内戦中で、アサド政権支配地と反体制派地域の双方で、感染の実態確認が難しくなっている。アサド政権はこれまでに約1万6千人が感染し、約1060人が死亡したとしている。(共同通信)