左太ももに出た湿疹で皮膚科を受診し、ハンセン病と診断されたのは金城さんが高校2年の時だった。薬を飲んで症状はすぐに消えたのに、病名を聞いた母は泣いていたという。