【ロンドン共同】英金融サービス企業グリーンシル・キャピタルが裁判所に会社管理手続きを申し立て、経営破綻したことが8日分かった。資金調達が難しくなり経営状態が悪化していたようだ。グリーンシルにはソフトバンクグループが出資していた。

 8日付で管財人に任命された国際会計事務所グラントソントンは声明で「グリーンシルの資産購入に関する交渉を利害関係者と継続している」と表明した。米投資ファンドなどが関心を示しているもようだ。

 報道によると、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が2019年、グリーンシルに約15億ドルを出資。すでに大幅な減損処理をしたという。(共同通信)