儒教の祖、孔子を祭る久米至聖廟(くめしせいびょう=孔子廟)のために、那覇市が公園の土地を無償提供するのは憲法の「政教分離の原則」に違反するとした最高裁判決を受け、城間幹子市長は9日の市議会定例会本会議で「使用料を請求することで政教分離原則違反の解消に向け取り組む」と述べ、孔子廟を所有する久米崇聖会に使用料を請求する方針を示した。

孔子廟訴訟の最高裁判決を受けて、今後の対応について見解を述べる城間幹子那覇市長=9日午前、那覇市議会

 市議会の行政報告で述べた。城間市長は使用料に関し「関係法令の確認手続きなどについて顧問弁護士と調整している」と述べるにとどめた。

 また、孔子廟の在り方について「施設の改善すべきところを久米崇聖会と調整を進めていく」とした。