沖縄県沖縄市で供用開始予定の「沖縄アリーナ」で、6月に開かれるオープニングイベントのメインゲストとして、人気バンド「DREAMS COME TRUE」が出演することが9日、分かった。施設の指定管理者「沖縄アリーナ社」が発表した。

完成した沖縄アリーナ内部=2月26日、沖縄市内

 同社によると、イベントは6月5日に開催予定。第1部では沖縄の文化や音楽、沖縄アリーナ誕生までの経緯をさまざまな演目で紹介する。第2部では国内の著名アーティストによるパフォーマンスが披露される。

 「DREAMS COME TRUE」メンバーの中村正人さんは文書でコメントを発表。沖縄アリーナを視察したことを明かし「可動式510インチ大型映像から搬入搬出の使い勝手まで考えられたアスリート/アーティスト・フレンドリーな設計。そんな沖縄アリーナでパフォーマンスできるチャンスを頂き、心から感謝いたします」とコメントしている。

 当初は6月5、6両日にオープニングイベントを開催予定だったが、同社によると「諸般の事情により」1日のみの開催となった。

 沖縄アリーナはバスケットボールBリーグ「琉球ゴールデンキングス」の本拠地として、2月下旬に完成。3月28日の落成式典の後、4月10日からキングスのホーム戦を行う。