沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で23人が新たにコロナ感染【3月9日昼】

2021年3月9日 15:15

 沖縄県は9日、新たに23人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の累計感染者数は8354人となった。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 8日の新規感染は20~60代の男女7人だった。そのうち感染経路が追えたのは3人で全て家庭内感染だった。クラスター(感染者集団)が、宜野湾市の事業所と沖縄市の高齢者施設の2件で確認され、県内のクラスター確認は131件になった。宜野湾市の事業所では、従業員6人の陽性が判明したが手指消毒や換気などの対策をしていたといい感染経路が分かっていない。沖縄市の高齢者施設では、70~90代の11人が感染が判明したほか、保健所が他にも陽性者がいないか調べている。

 7日までの直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は8・98人で、前日の8・77人より0・21ポイント上がった。国の緊急事態宣言が発令されている神奈川県(8・42人)を上回り、全国4番目の多さ。全国1番目は千葉県で13・44人だった。

連載・コラム
記事を検索