AsiaNet 88361

ジュネーヴ, 2021年3月9日 /PRNewswire/ -- 世界をリードする検査、検証、テスト、認証会社であるSGSは、総合サイバーセキュリティソリューションであるSGSサイバーセキュリティサービスでリスクを軽減しながら、クライアントがデジタルチャンスを掴むのを支援します。

世界的な脅威

テクノロジーには大きな利点があります。 それは人々の生活をより安全で便利にし、健康の可能性を高め、そして職場、家庭、旅行中に新しい経験を提供します。 しかし、重要な課題もあります。 テクノロジーが悪用されると、脆弱性が発生し、予測が難しくなり、人々の生活に悪影響を与える可能性があります。 企業にとって、サイバー犯罪はデータやプライバシーの侵害などの壊滅的な影響を及ぼし、経済的損害や評判の破壊に繫がる可能性があります。

この進化するサイバーセキュリティの状況に立ち向かうために、世界中の政府と利害関係者は新しい基準と規制の確立に取り組んでいます。

組織が市場での地位を維持するには、サイバーセキュリティの成熟度を高めることが不可欠です。 サイバーセキュアな文化を組み込む必要があり、それをサポートするためのプロセスとプロトコルを開発する必要があります。 これには時間がかかる場合がありますが、犯罪者は待たないため、迅速な対応が必要です。

信頼できるパートナー

これがSGSサイバーセキュリティサービスの出番です。信頼できるパートナーとして、SGSは、トランジスタからクラウドソリューションまで、サイバーセキュリティに関する深い知識と専門知識を使用して、お客様が課題に対応するために必要なレベルまでセキュリティの成熟度を高めることができるようにします。

SGSサイバーセキュリティサービスは、3つの柱に基づいて構築されており、消費者向けloT、医療機器、半導体、自動車、産業セクターなど、特定の業界ニーズに基づいて成果物を調整する機会があります:

1. トレーニング、 標準、最先端の攻撃、及び関連する対策に関するトレーニング。これには、ベストプラクティスに関する洞察や、サイドチャンネル攻撃や障害分析攻撃などの詳細な技術トピックが含まれます

2. 評価、 デジタル相互接続されたソリューションのテクノロジースタック全体をカバーするハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、暗号化及び安全な管理システム

3. 認証、既存及び将来の規格、規制に対する適合性評価に焦点が当てられている

3段階のアプローチを使用して、サイバーセキュリティ機能を強化する目的でクライアントをサポートします:

・ステップ1:組織構造とプロセス、スキルセット、及ぶデジタル製品とサービス包括的なサイバーセキュリティギャップ分析

・ステップ2:ステップ1の分析に基づいて、アクションプランとロードマップが作成され、クライアントと一緒に実装され、特定されたギャップに対処して埋め、トレーニング、監査、レビュー、セキュリティ評価が行われます

・ステップ3:ステップ2で定義されたすべてのタスクを実装した後、内部または独立したサードパーティによって実行される適合性評価によって有効性が実証されます

SGSサイバーセキュリティサービスは、カスタマイズと包括的なアプローチを通じて、セキュリティの成熟度を高めるのに役立ちします。 クライアントは、サイバーセキュリティレベルを保証し、顧客を安心させることができ、より良く、より安全で、より相互接続された世界を可能にします。

詳細については、当社のウェブページ www.sgs.com/cybersecurity-services をご覧ください 

SGSについて 

SGSは、世界をリードする検査、検証、テスト、及び認証会社です。 SGSは、品質と整合性のグローバルベンチマークとして認識されています。 SGSは89,000人以上の従業員を擁し、世界中に2,600を超えるオフィスと研究所のネットワークを運営しています。

画像

このストーリーに付随する画像を利用できます。リクエストに応じて、高解像度バージョンを利用できます。

ビデオ - https://www.youtube.com/watch?v=NKjsMAOGuu0
写真 - https://mma.prnewswire.com/media/1443181/SGS_DI_Cybersecurity.jpg
ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/1443182/SGS_Logo.jpg



(日本語リリース:クライアント提供)

提供: