事業継続計画(BCP)の策定で、企業は重要業務を洗い出し、それを継続させるための対応方針を明確にする。策定した沖縄県内企業では自然災害に対する危機意識の向上にとどまらず、新型コロナウイルス感染拡大を受けた迅速な対応にも役立てた。