沖縄タイムス+プラス ニュース

「おめでとう、やっと高校生になれる」7回目の挑戦で合格 共に学ぶ環境へ

2021年3月11日 05:33

 重度の知的障がいがある仲村伊織さん(18)=北中城村=が10日、県立真和志高校(那覇市)に新設される「ゆい教室」の入学選抜試験に合格した。一般入試と2次募集合わせて4年連続7回目の挑戦で高校生になる夢をかなえ、家族らと笑顔で喜び合った。4月から島尻特別支援学校(八重瀬町)に学籍を置きつつ真和志高に通い、障がいのない生徒と共に学ぶ。

ホームページで合格を確認し、両親と喜び合う仲村伊織さん(左)=10日午前9時15分、北中城村の自宅(古謝克公撮影)

志望校の合格を果たし、両親と喜び合う仲村伊織さん(左)=10日午前9時15分、北中城村の自宅(古謝克公撮影)

ホームページで合格を確認し、両親と喜び合う仲村伊織さん(左)=10日午前9時15分、北中城村の自宅(古謝克公撮影) 志望校の合格を果たし、両親と喜び合う仲村伊織さん(左)=10日午前9時15分、北中城村の自宅(古謝克公撮影)

 新型コロナ対策で合格発表は基本的に各校ホームページで行われた。伊織さんも父親の晃さん(54)や母親の美和さん(52)と共に自宅で吉報を待った。午前9時すぎにパソコン画面で伊織さんの受験番号を確認すると「おめでとう。やっと高校生になれる」と両親は感激。伊織さんもハイタッチして笑顔を見せた。

 ゆい教室は共生社会に向けたモデル的取り組みで、中・重度の知的障がいのある生徒が対象。支援学校に準じた教育課程で特性に合わせた教育を受けつつ、一部の授業や行事などはできるだけ真和志高の生徒と参加する。定員3人程度で今回は伊織さん1人が受験した。

 県教育庁は3~5年かけてゆい教室の成果と課題を調査研究し、制度化や設置校の拡大が可能かを検討する。卒業証書の発行元は検討中としている。

■県立高の合格者1万2583人

 県立高校と特別支援学校高等部の2021年度一般入試の合格発表が10日午前9時、各学校のホームページなどで一斉に行われた。推薦などを含む1万2583人が高校、272人が特支校に合格した。

(関連)挑戦4年目 やっと春 「いろんな経験できる」

(記者の解説)学びの保障 全国でも先駆的な取り組み

 ご意見や情報をお寄せください。特設サイト(https://forms.gle/C6Q2BxfS76r26tBQ7)にアクセスするか、郵送は郵便番号900-8678、沖縄タイムス社編集局社会部宛て。ファクスは098(860)3483。メールはshakai@okinawatimes.co.jp

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。