真和志高校に新設される「ゆい教室」は、障がいの特性に応じた専門教育と、障がいの有無にかかわらず同じ場で学ぶ「インクルーシブ教育」の両立を目指していることが特徴だ。全国でも先駆的な取り組みで、重度知的障がい者の学びの保障を高校段階でも実現できるか真価が問われる。

 県外には知的障がい者向けの募集をしている高校があるが、主に想定しているのは軽度や中度の生徒。モデル校の段階とはいえ、ゆい教室が制度として重度の生徒に門戸を開いた意義は大きい。...