沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沖で10日午後2時すぎ、米軍のUH-1ヘリ1機による米兵のつり下げ訓練が確認された。

米兵3人をつり下げ、キャンプ・シュワブに向かう米軍ヘリ=10日午後2時すぎ、名護市辺野古のシュワブ沖(読者提供)

 機体がホバリングしながらロープを下ろし、ボートで運ばれてきた米兵3人を海面から収容。3人をつり下げながら陸地に移動し、シュワブ内に着陸したとみられる。

 訓練を見た50代の会社員男性は「辺野古での兵士のつり下げ訓練は初めて見た。市街地を離れた県民の目が届きづらいところで、さまざまな訓練が常態化しつつある」と問題視した。