沖縄刑務所は12日付で、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発された法務事務官看守の男性(25)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。

(資料写真)パトカー

 沖縄刑務所によると、男性は昨年9月6日未明、那覇市久茂地で酒を飲んで普通乗用車を運転し、県警に摘発された。居酒屋で飲酒後、駐車場内の車中で仮眠し帰宅途中だったという。