学びはだれのもの

中学でも広がる制服選択制 きっかけはトランスジェンダーへの配慮 寒さ対策や動きやすさでのチョイスも

2021年3月15日 06:00

[学びはだれのもの]

寒さ対策や動きやすさを優先してズボンを着用する女子生徒=糸満市立西崎中学校

 性別に関係なく制服を選べる「制服選択制」が、沖縄県内の公立中学校で急増している。2019年度の9校から20年度には30校と、この1年で3倍超になった。心と体の性が一致しないトランスジェンダーの生徒への配慮が制度導入の主なきっかけだが、スカートの寒さや動きにくさに悩んできた女子生徒にも、ズボン着用が新たなスタイルとして広がり始めた。(編集委員・鈴木実)

 中学校の制服選択制は高校に比べると大幅に遅れていたが、トランスジェンダーの生徒への理解の高まりとともに急増。ほかの多くの学校も、個別相談があれば柔軟に応じているという。気候や体調によって使い分ける生徒もおり「学校が過ごしやすくなった」と好評だ。

 糸満市立西崎中学校は、昨年1月から選択制を取り入れた。当初想定していたのはトランスジェンダーの生徒だが、実際に選択制を始めてみると、ズボンを選ぶ女子生徒は防寒性や機能性を理由にする例がほとんどだという。

 特に1年生は残りの在学期間が長く、スカート以外にズボンを購入しても元が取りやすい。入学時から選択制のため「女子はスカート」という先入観も少なく、本年度は10人ほどが着用した。

 1年生の儀間一香(いちか)さんは、寒さが厳しくなった昨年12月中旬からズボンに切り替えた。「スカートだとやっぱり寒い。どのクラスも何人かズボンの女子生徒がいるから気にならないし、むしろかっこいいと言われる」とズボンスタイルを楽しむ。

 3年生の永田愛夏(まなか)さんも「もともと寒がりで、スカートだと夏場でもクーラーで体が冷える。ズボンは温かくて動きやすい」と満足そうだ。

 同校の神里一吉校長は「できるだけ多様性のある学校を目指すのが校則変更の趣旨。それが性的少数者や寒さが苦手な生徒も含め、誰もが過ごしやすい環境につながれば」と期待している。

 ご意見や情報をお寄せください。特設サイト(https://forms.gle/C6Q2BxfS76r26tBQ7)にアクセスするか、郵送は郵便番号900-8678、沖縄タイムス社編集局社会部宛て。ファクスは098(860)3483。メールはshakai@okinawatimes.co.jp

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。