沖縄総合事務局が12日に発表した2019年の県内農業産出額は前年比1・1%(11億円)減の977億円となり、3年連続で前年を下回った。離農や作物転換でサトウキビの収穫面積が減少していることや、日照不足や少雨で単収(10アール当たり収量)が下がったことが要因。