食品加工業の仲松ミート(沖縄県うるま市、仲松常夫代表)は5月上旬に、琉球料理の一つで豚肉のつくだ煮「ハンチュミ」を発売する。新型コロナウイルスの影響で飲食店や弁当屋への販売が落ち込んだため、初の自社ブランド商品として一般消費者向けに開発した。自社のホームページで注文を受け付けるほか、うるま市の農水産物直売所「うるマルシェ」で販売する。...