星野リゾート(長野県、星野佳路代表)は16日、那覇市松山の都市観光ホテル「OMO5(おもふぁいぶ)沖縄那覇」の宿泊予約を開始した。開業日は5月13日と発表した。

OMO5のモニュメントや花ブロックを配置したホテル外観のイメージ図(星野リゾート提供)

宿泊者以外も利用できる「OMO5沖縄那覇」のOMOカフェのイメージ図(星野リゾート提供)

OMO5のモニュメントや花ブロックを配置したホテル外観のイメージ図(星野リゾート提供) 宿泊者以外も利用できる「OMO5沖縄那覇」のOMOカフェのイメージ図(星野リゾート提供)

 地上16階建てで190室。客室は屋根裏部屋のようなやぐら寝台がある「やぐらルーム」、「ダブルルーム」「ツインルーム」の3種類。宿泊料金は2人1室で、1人当たり税込み6千円~。

 コンセプトは「バザールって、ちむどんどん♬」。那覇の街全体をバザール(市場)として捉えて、ワクワクドキドキ楽しみ尽くすホテルステイを提案する。

 ホテルから徒歩圏内の街観光を提案する「ご近所マップ」や、ディープな場所をガイドする「ご近所ガイドOMOレンジャー」などで街散策などを促す。

 宿泊者だけが利用できる「ライブラリー」では、琉球張り子やシーサー、やちむんなど工芸品を展示するほか、宿泊者以外も利用できる「OMOカフェ」もある。