那覇市の城間幹子市長は16日、新型コロナウイルスワクチンの65歳以上の高齢者への接種を4月下旬から始めると発表した。個別・集団接種の併用で、個別接種はかかりつけ医などの90医療機関、集団接種は公民館など市が所管する11施設で実施を調整している。

新型コロナウイルスワクチンの高齢者接種を4月下旬から始めることを発表する城間幹子那覇市長=16日、市役所

那覇市役所

新型コロナウイルスワクチンの高齢者接種を4月下旬から始めることを発表する城間幹子那覇市長=16日、市役所 那覇市役所

 高齢者接種は2カ月半~3カ月で終える予定だが、政府のワクチン供給状況によって変更もある。対象となる市内高齢者は1月1日時点で7万9370人。

 16日、市役所で開いた危機管理対策本部会議後の会見で明らかにした。4月中旬から順次、接種券を配布する。接種を受ける施設で、事前の予約が必要。施設の一覧は市のホームページなどで公表する予定。

 市内のワクチン接種対象者は全体で27万3018人。基礎疾患がある人は2万180人、高齢者施設などの従事者4805人、16~64歳は13万9912人。