沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で新たな感染35人 死亡も1人【3月17日昼】

2021年3月17日 15:40

 沖縄県は17日、新型コロナウイルスに感染した1人が死亡したと発表した。関連死者は計123人となった。また、新たに35人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は8575人となった。

 在沖米軍関係は新たに4人が感染し、累計で968人となった。

 16日の県発表では、新たに10歳未満から80代の男女28人の感染を確認。半数超の21人の感染経路が追えていなかった。1週間の新規陽性者数は計190人で、前週の137人を大きく上回っており、県の糸数公保健衛生統括監は「下げ止まりだったのが、じわじわと増加に向かっている可能性がある」と警戒を強めた。

 県内の15日までの1週間の人口10万人当たり新規感染者は12・61人。全国3番目に多く、全国平均6・36人の約2倍となった。最多は東京都の14・41人だった。
 

連載・コラム
記事を検索