「闘牛女子。久高幸枝 追悼写真展」が18日、那覇市久茂地のタイムスビルで開かれる。闘牛カメラマンとして活躍し、2020年5月に45歳の若さで亡くなった久高幸枝さんの足跡を振り返る。22日まで。入場無料。

18日から始まる「闘牛女子。久高幸枝 追悼写真展」の準備風景=17日、那覇市久茂地・タイムスギャラリー

 久高さんは代々続く「牛カラヤー」(牛飼い)一家の長女で、小学5年生から闘牛の写真を撮り始めた。牛が闘う迫力の瞬間をはじめ、闘牛を愛する人たち、牛主たちの暮らしぶりにもカメラを向け、闘牛文化を発信してきた。

 写真展では、沖縄県内や徳之島などで久高さんが撮りためた作品124点と、遺作の写真集「闘牛女子。3」などに収められた10点の計134点を展示する。

 会場は午前10時~午後6時(最終入場は午後5時半。最終日は午後3時半)。主催はチーム闘牛女子・男子、沖縄タイムス社。共催・ボーダーインク。協賛・日本郵便沖縄支社。後援・うるま市、うるま市教育委員会、RBC、QAB。