沖縄県自然保護課は18日、糸満市の沖縄戦跡国定公園内の魂魄(こんぱく)の塔近くで計画されている鉱山開発で、業者が自然公園法に基づき提出した採掘行為の届け出を受理した。糸満市の土砂は、国が名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立てに使う可能性がある。